奈良県橿原市の畑中税理士事務所ホームです。

事務所通信 平成17年12月16日

2005-12-16

こんばんは。ハタナカです。

今回はメルマガタイトルに違わない内容をご報告
したいと思います。

 昨夜のTVニュースおよび今朝の朝刊において
「自民党税制大綱」が発表されたことはご存知でし
ょうか?

 私も今日自民党HPからこれをダウンロードして
読んでみました。
http://www.jimin.jp/jimin/seisaku/2005/seisaku-018.html
 
 毎年12月後半に発表されるこの税制大綱は来年
の税制改正の内容をほぼ網羅しているものです。
 要するに春の国会でほぼ95%この通りに法案が
成立すると思ってください。
 正直ひっくり返るほどたまげました。

 増税です。庶民からお金持ちまでほぼ全員。
 
 この数年は富裕層が国外へ税逃避されることを恐れて
お金持ちに対しては減税の流れになっていたのに、
これはどーゆーことでしょう?

 以下、2回に分けて税目ごとに大幅なポイントを書きます。

1.個人にかかる所得税
 
 イ 税率の変更
  今まで所得税の税率は10~37%でしたが、H19年
 より5%~40%になります。

 ロ H18年より定率減税(計算された税額を原則一律20%引き)
 が全廃されます。

  両者を併せて考えると大抵の納税者にとっては増税
 になると思われます。

 ハ 地震保険料控除の創設
  損害保険料控除は15,000円しか控除できませんが、地震保険料
 は5万円まで控除できることになりました。 
 
2. 個人住民税
 イ 住民税は税率が一本になりました。庶民にとって
  はきつい改正です。 

 ロ 山林所得等の特殊計算の廃止(地方税
  植林から伐採まで時間のかかる山林所得、敷金収入等
 一時的に所得が過大になる臨時的収入については税率適
 用上軽減措置がありましたが、これが廃止になりました。

3.その他
 売買による移転登記のばあいの登録免許税が2倍に
 
 たばこ税増税

 酒税の改定(これは酒の種類によって増税も減税もあります)
 おおざっぱにみるとこの辺になります。
 でも一番ショックだったのは法人税の改正でした。
                 (つづく)  
  
  

税務カレンダー

1月 2023
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2022年12月26日 2022年12月27日 2022年12月28日 2022年12月29日 2022年12月30日 2022年12月31日 2023年1月1日
2023年1月2日 2023年1月3日 2023年1月4日 2023年1月5日 2023年1月6日 2023年1月7日 2023年1月8日
2023年1月9日 2023年1月10日 2023年1月11日 2023年1月12日 2023年1月13日 2023年1月14日 2023年1月15日
2023年1月16日 2023年1月17日 2023年1月18日 2023年1月19日 2023年1月20日 2023年1月21日 2023年1月22日
2023年1月23日 2023年1月24日 2023年1月25日 2023年1月26日 2023年1月27日 2023年1月28日 2023年1月29日
2023年1月30日 2023年1月31日 2023年2月1日 2023年2月2日 2023年2月3日 2023年2月4日 2023年2月5日
              

会計ソフト「MFクラウド会計」

小さな相続承ります

アクセスカウンター

累 計

本日のご来店

サービス詳細

最近の情報

畑中税理士事務所(アスカFPラボ)
奈良県橿原市東坊城町964-11
TEL:0744-47-1660 mail:fp-asuka@aria.ocn.ne.jp
Copyright© 2013 畑中税理士事務所WEBサイト All Rights Reserved.